1ヶ月の通信費の平均はいくら?4人家族で1万円以内にできる方法があります!!

ガジェット

 値上げラッシュが続く2023年!!

 家計に占める経費の割合を少なくしたいと、考えていませんか?

 特に、通信費!!

友人

毎月の携帯代いくらくらいになってる?

Azuki-Max

家族4人で5~6,000円くらいかな

友人

え!高校生と中学生の子供がいるのに?

Azuki-Max

自宅のインターネット回線と同じグループ会社の携帯会社にすることと、
家族全員で乗り換えたことで、普通に契約するより、約4,000円安くできているんだよ!!

友人

それじゃ、自宅のインターネット回線はいくらくらいなの?

Azuki-Max

集合住宅(マンション)タイプで、オプション込みで4,730円だよ。
ちなみに、市外局番の電話も付いて、この値段だよ。

友人

まじか。俺の所はもっと高いよ

Azuki-Max

うちも見直しする前は2万近く払っていたよ。コロナをきっかけに見直したんだよ。多分、自宅のインターネット回線代と携帯代は、私と同じにようにすれば、合わせて1万くらいにできるよ!!

友人

本当に!教えて!!

    YouTube見たり

 政府家計調査(2022年)2023-2-7公開のデータによると、4人世帯の1ヶ月の通信費の平均は、12,676円という結果になりました。

 私は50歳の世帯主なので、月額15,678円が平均の通信費となります。

************************************************************************

下記が参考先資料になります。

すべて | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口
各府省等が登録した統計表ファイル(Excel,CSV,PDF形式)を検索し、閲覧・ダウンロードすることができます。また、データベース化された一部の主要な統計では、表示項目の選択、表の組換え、グラフ作成等を行うことができます。
通信費 4人家族&layout=dataset&metadata=1&data=1

************************************************************************

  この結果を見た瞬間、「本当かな?」と思ったのは私だけではないと思います。

  また、この金額をみて、「私の家の通信費はもっとかかっている。」と感じた方もいらっしゃると思います。

 上記の通信費の中に、携帯電話代、インターネット回線代、固定電話代の全てが含まれているかはわかりませんが、この3つの費用を合計した金額を、上記の平均金額よりも安く1万円以内にできる方法があります。

それは、インターネット回線をSoftbank光(マンションタイプ)
    携帯電話を家族4人全員でワイモバイルにすることで、可能です。

※戸建住宅の方、申し訳ありません

 私の家の場合、全世帯平均の通信費よりも2,000円以上、50代前半の平均の金額よりも5,000円以上安くできています!

スポンサーリンク

4人家族の1ヶ月の通信費を1万円以内にできます!!その内容は

 はじめに、各ご家庭の家族構成によって多少金額がかわってしまうことあるので、その都度、ご自身の家族構成に当てはめてシュミレーションしてください。

 どういった契約をすると、4人家族の1ヶ月の通信費を1万円以内にすることができるのかをご説明します。いたって、シンプルなので、どのご家庭でも、まねできますよ!

                                 全て税込価格になります。

費目対象プラン    割引前 割引後 最終
金額
    備考        
携帯電話代ワイモバイル
シンプルM
3278円2090円2090円高速データ通信容量15G/月
通話22円/30秒
「おうち割 光セット」で割引
携帯電話代ワイモバイル
シンプルS
2178円990円990円高速データ通信容量3G/月
通話22円/30秒
「家族割引きサービス」で割引
携帯電話代ワイモバイル
シンプルS
2178円990円990円高速データ通信容量3G/月
通話22円/30秒
「家族割引きサービス」で割引
携帯電話代息子ワイモバイル
シンプルS
2178円990円990円高速データ通信容量3G/月
通話22円/30秒
「家族割引きサービス」で割引
インターネット
回線代
集合住宅
タイプ
4180円4180円※戸建住宅の場合は
5720円/月
インターネット
回線代
(電話)
オプション
おうち割
光セット
550円550円光BBユニットレンタル代513円/月
+
Wi-Fiマルチパック代1089円/月
+
光電話550円/月
合計9790円

 こちらが、我が家の1ヶ月の通信費の基本料金になります。

 これから、このSofutbank光(集合住宅)+ワイモバイル(4台)=9790円/月のメリット、デメリットをお話いたします。このメリット、デメリットは、あくまでも私の家の場合になりますので、各ご家庭で検討する際の材料にして頂ければと思います。詳細は、メリットのところで解説させて頂きます。

この組み合わせのデメリット2つ

自宅のインターネット回線にはデメリットはないので、主に携帯電話に関してになります。

通話料金が、従量制(無料通話等無し)


 私の家の場合、家族間はLINE通話(無料)パケット代のみを使用しています。
 また、公共機関やお店などへの問い合わせ電話などはあまりしません。
 家族以外へ電話をかける月でも1000~1500円位で収まります。
 なので、あまりデメリットではないです。

 以下の画像は、私の家の直近の4ヶ月のワイモバイルの携帯料金(4台分)になります。
 通話代0円の場合の基本料金が5060円/月ですので、多少バラツキがありますが、4人分の通話代が
1500円位なので、「だれとでも定額770円/月(1回あたり10分国内かけ放題)」を4人分付ける必要はないです。

高速データ通信容量が少なめ


 私は、通勤時にネットを使う為、Mプランの15Gにしていますが、私以外は、Sプランの3Gです。
 妻は、外ではあまりネットを使用しない為、この契約でも問題無いといっています。
 子供は二人ともインドア派の為、WiFi使い放題な家の中でゲームをしてすごすことが多く、3Gの容量で今のところ大丈夫といっていました。

この組み合わせのメリット

メリット1、Softbank回線は、ネットが高速(自宅インターネット回線)

 自宅の居間でのインターネット回線のスピードテストをしたところ、
   WiFi「5G周波数帯」接続で76~82Mbps
     「2.4G周波数帯」で30Mbps
位でていましたので、普段使いでは、まったく不満を感じません。youtubeも快適です。
※以下の画像は、Redmi note9Tでのスクリーンショットになります。

WiFi 5G周波数利用

WiFi 5G周波数利用

WiFi 5G周波数利用

WiFi 2.4G周波数利用

メリット2 安くても、高速通信できる(携帯電話)

 以前、ドコモ系の格安SIMを使っていたことがありますが、お昼休みにネット接続しようとした時に、とても遅くて困ったことがありました。数ヵ月間我慢しましたが、状況は変わらなかったので、結局、ドコモ本体へ乗り換えました。安い理由は、使い勝手に出ることを、この時学びました。

 その点、ワイモバイルの通信速度は、親会社のSoftbank同様に高速で、屋外の利用で不満を感じることは、ほとんどありません。

 また、通勤の電車の中でも、特定の駅(主に地下鉄区間)で、多少、通信が遅いかなと感じる時はありますが、通勤時間全体で考えると、とても満足です。

 何より、お昼休みのYouTube動画を、快適にみられるのがところが良いです!

 1000円の格安SIMと、1000円のワイモバイルなら、後者一択ですよ。
  ※(シンプルSプランで割引き有で、990円/月)

メリット3、携帯電話の基本料金が安くなる

インターネット回線をSofutbank光(集合住宅タイプ)で契約し、オプション「おうち割 光セット」550円/月をつけると、ワイモバイルの基本料金が、永年1,100円安くなります。

この「おうち割 光セット」の内訳は、

光BBユニットレンタル代513円/月  (WiFiルータ機能追加可能)
+
Wi-Fiマルチパック代1089円/月   (光BBユニット専用無線LANカード+公衆無線LANが1ID無料!)
+
光電話550円/月 (市外局番有の固定電話番号が使える。050とかでは無いです!)

3つのオプションを1つにまとめたもので、個別合計2152円/月のところ、光電話代と同じ550円/月だけで利用できる、お得なものです。また、このオプションに付けることで、ワイモバイルの基本料金を1,100円/月安くできます。

 ワイモバイルには、2人以上の家族で利用できる割引として「家族割引きサービス」永年割引き1,100円/月 割引がありますが、こちらは、2人目から9人目まで利用できる割引のため、1人目の割引が効きません。
 1人目には、上記の「おうち割 光セット」永年割引きを適用することで、「家族割引きサービス」と同じ1,100円/月 割引を受けるようになります。

毎月、家族4人分4400円浮けば、年間、52800円もお得になります。

メリット4、実店舗があるから、相談しやすい

 格安SIMのほとんどは、ネットでの申し込み、ネット契約にすることで、利用料金を安くすることができますが、ワイモバイルの場合、実店舗で、店員さんに分からない事を聞きながら契約できるので、乗り換えに不慣れな方でも、安心して契約ができます。

 慣れない手続き関係の分からないところを、その場で聞けるのは、凄く便利なところですね。

私も、最初、インターネット回線の契約内容の確認に店舗へ行き、そのついでに色々聞いたことで、家族全員ワイモバイルに戻る事にしました。以前ワイモバイルを利用していて、少し、ドコモに寄り道して、最終的にワイモバイルに戻った形です。

番外編だけど、かなりお得なこと1

 すでに、MNP(電話番号をそのままで、別の携帯会社へ移転できる制度)を利用された方も多いと思いますが、このMNPを利用して、他社からワイモバイルに乗り換えると、更にお得になります。

 他社で使っていたスマートフォンがそのままワイモバイルで使える場合、SIMのみMNPすることで1台当たり最大20,000円相当のPayPayポイントがもらえます。(シンプルMかLへの乗り換えの場合)

 私の家場合、2022年に実店舗での乗り換えだったので、PayPayポイントではなく、JCBギフト券で頂きました。

 もし、今使っているスマートフォンがワイモバイルの周波数に対応していない場合、乗り換え時にスマートフォンを割引価格で購入できます。

 中には、「5G」対応機種で1円の「Libero 5G Ⅲ」なんてのもありますので、検討してみてください。

現在、ワイモバイル公式のHPでもアナウンスされているので、今でも、乗