10分でできる!グリップ交換で気分一新!【交換したものNo.1】

交換後の原付バイクグリップ バイク

この記事でわかること

・原付スクーターのグリップ交換方法
・グリップ交換に使用する道具
・グリップ交換にかかる費用

 先日、原付バイクのヤマハビーノを中古で購入しました。

 初めてのバイク購入で、分からないことが多かったのですが、中古車と同じで、ほとんどの場合、キズ凹みなどあった場合、現状の状態での販売になります。

 もちろん、点検整備の必要な箇所は、整備費用が発生し整備してからの引き渡しになりますが、外装に関しては、そのままなります。

 今回、我が家で購入したヤマハビーノですが、2012年式の個体で、既に10年経過していて、お世辞にも綺麗とは言い難いものになります。

得にグリップが酷い!!

左側のグリップ
右側のグリップ

 左右共にゴムが劣化していて、握るとボロボロと剥がれ落ちる状態。

 現車確認に店舗に訪れた際、このグリップを見て、そのまま使い続けることはないなと思ったので、ヘルメット注文時にグリップも同時購入していました。グリップ単品¥307円でしたので、悩む必要なしでした。

スポンサーリンク

グリップ交換方法

 交換方法は、You Tubeで確認し、素人でも問題なくできそうなので即、交換しました。

1,古いグリップを外す

 使用する道具は、写真(上)のような刃の厚めなカッターになります。
 今では100均のダイソーなどでも売られているので購入して下さい。
 写真(下)のカッターですと、刃も薄く、力を入れて切る用途には向いていません。

 初めてのグリップ交換で浮かれていて、交換中の写真を撮り忘れていたので、図で説明させて頂きます。

 初めにグリップに対して、写真の黄色い線のように、大きい刃のカッターで切れ込みを入れていきます。何度か切れ込みを入れ、グリップの奥(写真の左側)から、左右に開いていきます。(写真ですと上下に開きます)

 この時、左側のグリップは、切り込みを入れた先が金属ですので、思いっきりカッターの刃をあてることことができますが、写真のグリップ右側は、奥にプラスチックがあるので、力調整して切り込みを入れてください。

 開くとき、多少力を入れる必要がありますが、切れ込みさえ入れておけば問題なく外せるはずです。それでも、左右で2~3分位です。

2,新しいグリップをはめる

 グリップをはめる際、グリップ用ボンドを使用するのですが、自宅にあった写真のクリアボンドを使用しました。薄く塗ります。

 後は、グリップをはめていくだけなのですが、ここで注意するポイントがあります。

 左右ではめる内側のサイズが違います。内径の小さい方が左側、内径の大きい方が右側になります。

左側:内径の小さい方
右側:内径の大きい方

 また、右側のグリップは、アクセルの部分なので、左側のグリップのようにスルスルはめられません。小さい突起がいくつもあるので、ゆっくり押し込んでください。

 最後は力ではめていくので、手が痛くなることも考えられるので、私は、2X4の木材の切れ端を当てて押しました。

before & after

左側のグリップ:交換前
左側のグリップ:交換後
右側のグリップ:交換前
右側のグリップ:交換後

グリップ交換にかかる費用

 今回、Amazonで購入したグリップは以下になります。

 購入時期にもよりますが、301円~318円位です。プライム会員は送料無料!

 また、今回は自宅にあるボンドで代用しましたが、グリップ用ボンドも売られていますのでそちらも検討ください。

 今回は、お店にお願いせずに自分でグリップ交換しましたが、あまり自信がない方は、バイクショップなどにお願いすると良いと思います。(¥1,000~2,000円位)

 ただ、調べたところ、Amazonなどでグリップなどのパーツを購入し、持ち込みで取り付け依頼をした場合、料金が倍近く(¥2,000~4,000)かかるところもありますので、よく検討してからの方が良いです。

 当たり前ですが、グリップを売っている店舗で買わないお客様には、持ち込みで取り付けだけしてと言われても、それなりの対価を請求されるのは仕方ないことです。

まとめ

・原付スクーターのグリップ交換は素人でもできる

・自分で交換すれば、費用はグリップ代だけで格安(今回は¥307円)

・バイクショップなどでグリップ交換してもらうこともできる

スポンサーリンク